中期発がん性試験開発ラボ・安全性試験受託施設|株式会社DIMS医科学研究所

中期発がん性試験開発ラボ 株式会社DIMS医科学研究所

DIMS医科学研究所

HOME ≫ 動物福祉への取り組み

動物福祉への取り組み

動物福祉への取り組み

医薬品等の研究開発において、その安全性や効果を確認するために実験動物を用いた研究を欠かすことはできません。また、これらの研究には、3Rs (Replacement :動物を使用しない代替法への置き換え、Reduction: 使用する動物数の削減、Refinement :動物が受ける苦痛の軽減)の原則が厳しく求められています。
わたしたちは、実験動物を用いた研究を実施するにあたり「動物の愛護及び管理に関する法律」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準」、「動物実験等の実施に関する基本指針」その他動物福祉に関連する法令・基準を踏まえた機関内規程を策定し、この規程に基づき全ての実験計画について倫理的かつ科学的に適切であるかどうか「動物実験委員会」において事前に審査するとともに、実施結果の報告や自己点検・評価(年1回)を行うことにより、動物実験が適正に実施されていることを常に確認しています。

自己点検・評価

自己点検・評価委員会は、平成28年7月に自己点検を実施し、動物実験が関連法令ならびに機関内規程に適合して実施されているとの評価をしています。

動物実験関連社内規程

1.DIMS医科学研究所動物実験指針(平成28年6月1日)
2.動物実験委員会規程(平成28年6月1日)
3.遺伝子組換え動物を用いる試験についての規定(2015年12月7日)
4.遺伝子組換え実験動物取扱い安全管理規則(2015年12月7日)
5.動物実験自己点検・評価委員会規程(平成27年9月4日)

第三者認証

認定機関 認定日 有効期限
公益財団法人
ヒューマンサイエンス振興財団
平成28年2月22日 平成31年2月21日

認定証

中期発がん性試験・安全性評価

DIMS医科学研究所

〒491-0113
愛知県一宮市浅井町西浅井郷裏64

TEL:0586-51-1201
FAX:0586-51-5634

会社概要はこちら

モバイルサイト

DIMS医科学研究所モバイルサイトQRコード

DIMS医科学研究所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!