中期発がん性試験開発ラボ・安全性試験受託施設|株式会社DIMS医科学研究所

中期発がん性試験開発ラボ 株式会社DIMS医科学研究所

DIMS医科学研究所

HOME ≫

中期発がん性試験のDIMS医科学研究所

日本毒性病理学会 JTP奨励賞を受賞しました

下記の論文で、2021年1月に弊社の沼野琢旬がJTP奨励賞を頂きました。「Effects of administering different vehicles via single intratracheal instillation on responses  in the lung and pleural cavity of Crl:CD(SD)  rats」

 この論文は、気管内投与法を用い、被験物質の肺毒性評価を行うための基本的な手技・解析方法の紹介と、毒性評価時の基礎的な注意事項をまとめたものです。
「気管内投与法」は、肺毒性物質の可逆的変化を経時的に検索することを可能とし、吸入毒性試験実施前のスクリーニング法として有用です。毒性の強弱を効率的に選択することで、吸入試験実施のためのコスト削減にも貢献できる可能性があります。
 今後も、気管内投与法を用いたラットを用いた短・中期の肺毒性評価法の確立と、マウスを用いた薬理モデルの開発を行っていきます。
 

DIMS医科学研究所とは?

0000318531.jpg
DIMS医科学研究所は、中期発がん性試験の開発ラボです。
幅広い学識と豊富な経験で、高精度の試験・検査を実施いたします。
当研究所には、発がん性ならびに毒性に関する研究から得られた病理学的知識が豊富にございます。
それらを、医薬品、農薬、食品添加物等の化学物質の安全性評価に役立て、ヒトの健康と生活環境の向上に貢献するために日々努力を重ねています。

サービス内容

お問い合わせはこちら

English

中期発がん性試験・安全性評価

DIMS医科学研究所

〒491-0113
愛知県一宮市浅井町西浅井郷裏64

TEL:0586-51-1201
FAX:0586-51-5634

会社概要はこちら

モバイルサイト

DIMS医科学研究所スマホサイトQRコード

DIMS医科学研究所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!