中期発がん性試験開発ラボ・安全性試験受託施設|株式会社DIMS医科学研究所

中期発がん性試験開発ラボ 株式会社DIMS医科学研究所

DIMS医科学研究所

HOME ≫ 受託試験 ≫

受託試験

幅広い学識と積み上げた経験で、高精度の試験・検査を提供します

当研究所では、厚生労働省、農林水産省等のGLP基準および各種ガイドラインに基づく厳密な安全性評価試験を行っており、幅広い学識と豊富な経験を持つスタッフが動物実験から病理組織学的評価に至るまでの各種検査を担当しています。
特に、中期発がん性試験は、短期間に化学物質の発がん性の程度とその有無を予測することが可能であり、ユニークな方法とデータの信頼性から高い評価を得ています。また、発がん抑制物質の検索のほか、新規化学物質の開発を推進する上で重要なデータを提供することができます。

 当研究所では、毒性学、病理学を基礎とした多様な受託業務を承っております。 皆様の研究開発業務におけるあらゆる場面でご活用ください。

イナリサーチとの協業体制のご案内

dims ina2
株式会社DIMS医科学研究所(本社:愛知県一宮市、代表取締役社長 玉野静光、以下、DIMS)と株式会社イナリサーチ(本社:長野県伊那市、代表取締役社長 中川賢司、以下、イナリサーチ)は、2020年10月5日付にて、非臨床試験委受託業務に関する協業を開始致しましたのでお知らせいたします。
 
具体的には、DIMSが保有していないイヌ・サルなどの大動物を用いた一般毒性試験、安全性薬理試験、遺伝毒性試験、および生殖発生毒性試験等をイナリサーチに二次委託し、DIMSの責任の元受託することが可能となりました。これにより、一つの医薬品・化合物の非臨床安全性試験をパッケージとして受注するだけでなく、臨床導入や新薬承認等に必要な申請資料作成を含め、ワンストップのサービスを提供できる体制を構築致します。
一方、イナリサーチに対しては、DIMSのコアコンピタンスである中期発がん性試験関連の試験・業務の受託等を提供させていただきます。また、協業につきましては、顧客サービスの質向上に繋がるよう話し合いを継続してまいります。
 
今回の協業により、DIMS、イナリサーチ、両社のそれぞれの強みを共有し、また、必要なものを相互補完することにより、さらなる顧客サービスの充足を推進していけるものと考えております。

本件に関するお問い合わせは、下記『お問い合わせはこちら』までお願い致します。

受託試験一覧

医薬品、医薬部外品、農薬、食品、食品添加物、化学物質等の非臨床試験を受託しています。
試験は各GLPに適合した施設、運営の下で実施され、信頼性の高い安全性データを提供致します。

Ⅰ.毒性試験
・一般毒性試験(ラット及びマウス)
   単回投与毒性試験
   反復投与毒性試験

・特殊毒性試験
         局所刺激性試験(皮膚・眼)
        感作性試験(Maximization法、Adjuvant & Patch法、Buehler法)

 

Ⅱ.発がん性試験 (下記リンクより試験法の説明がご覧になれます。)
中期皮膚発がん性試験
中期肝発がん性試験
中期多臓器発がん性試験
rasH2マウスを用いた26週間短期発がん性試験
rasH2マウスを用いた超短期皮膚発がんスクリーニング試験

・発がん性試験(ラット及びマウス)


Ⅲ. 遺伝毒性試験
・マウス小核試験
・Ames試験、染色体異常試験 他、二次委託にて受託可能


Ⅳ.気管内投与試験(ラット及びマウス)
・化学物質の肺毒性評価

薬効評価試験 (マウス肺線維症モデル 等)
気管内投与法による毒性評価

Ⅴ.再生医療分野
in vivo造腫瘍性試験

Ⅵ.抗腫瘍性試験
・ヒト由来がん細胞移植(Xenograft)モデル
・マウス由来がん細胞移植(Syngeneic)モデル
・化学発がんモデル


Ⅶ.病理標本作製及び評価



受託試験のお問い合わせや詳細は弊社営業部まで御気軽にご相談ください。

株式会社DIMS医科学研究所 営業部
〒491-0113 愛知県一宮市浅井町西浅井郷裏64番地
TEL 0586-51-1201(代)
FAX 0586-51-5634
E-mail:
query@dims.co.jp

お問い合わせはこちら

English

中期発がん性試験・安全性評価

DIMS医科学研究所

〒491-0113
愛知県一宮市浅井町西浅井郷裏64

TEL:0586-51-1201
FAX:0586-51-5634

会社概要はこちら

モバイルサイト

DIMS医科学研究所スマホサイトQRコード

DIMS医科学研究所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!